又吉直樹のブログ『猿』をもう一度!

又吉直樹さんは以前『猿』というブログを書いていました。

今一度探してみましたが、もう読めないそのブログ『猿』。

小説『火花』で芥川賞を受賞し、
6月には新刊も出る予定の又吉直樹さん。

そんな又吉直樹さんのブログ『猿』について調べてみました。



又吉直樹のブログ『猿』と綾部祐二さんのブログ『蛇

yjimage6.jpg
出典:http://msp.c.yimg.jp/

又吉直樹さんは、綾部祐二さんと
お笑いコンビピースを結成しています。

以前、二人は同時期にブログを書いていました。

ブログのタイトルは『猿』と『蛇』。

又吉直樹さんのブログが『猿』で、
綾部祐二さんのブログが『蛇』でした。

なぜそのブログタイトルかというと、
又吉直樹さんが『猿』年で、
綾部祐二さんが『蛇』年だったから。

申年→『猿』 
巳年→『蛇』

漢字が変わっているところが粋でいいですね。



又吉直樹のブログ『猿』


綾部祐二さんのブログ『蛇』は自撮り画像と
短いコメントで日々更新されていく。

それとは対照的に、又吉直樹さんのブログ『猿』は
静かな文章で綴られていっていました。

お笑い番組でピースを知って。

芸人なのにあまりしゃべらない
不思議なオーラを出している又吉直樹さんを知って。

動画を探して、ピースの漫才を観て
たくさん笑って。

又吉直樹さんの事が更に気になり調べたら、
ブログ『猿』に辿りついたのでした。

あまりしゃべらないのに芸人さんやってて面白くて、
でもやっぱり内面は物静かで面白くて。。。

不思議な感覚になりました。



又吉直樹のブログ『猿』の原点


又吉直樹さんは、本好きを豪語しているのは
皆さんもご存知の事実です。

又吉直樹さんは、中学生の頃から
通学の電車の中で本を読み続けていて、
通算2,000冊の本を読んだそうです。

活字が踊り出すほどの夢を見るほど
読書に熱中し続けている。

それがブログ『猿』の原点であり、
芥川賞作家又吉直樹さんの原点なのです。



又吉直樹のブログ『猿』に変わるコラム


又吉直樹さんは、ブログ『猿』の後キネマ旬報で
『又吉直樹(ピース)のコラム
「確かにお前は大器晩成やけど!!」』
というコラムを連載しています。

タイトルのつけ方がまた秀逸ですね。
この言葉は、又吉直樹さんが中学生の時に言われて
深く心に刻みつけられた一言なのだそうです。

ブログ『猿』に変わるこのコラムでは、
又吉直樹さんがこれまでの人生の中で出会った
価値観や風景を一変させる程に
印象的な言葉を又吉直樹さんの静かな文章とともに
紹介していくという内容です。

又吉直樹さんの文章は、
その卓越した文章力で又吉直樹さんのそのままが
映し出されています。


「僕にとっては、サンタを本気で信じている中学二年なんてサンタクロースよりも幻想的だった。」
(引用:又吉直樹(ピース)のコラム「確かにお前は大器晩成やけど!!」)

この締めの文章なんて、
少年の心を忘れない文学青年、
又吉直樹さんといった雰囲気が出ていて
とても味わい深いものがあります。


又吉直樹のブログ『猿』にファンの声


又吉直樹さんのブログ『猿』には
未だに「もう一度読みたい」という声があります。

後に芥川賞をとる事になる又吉直樹さんに
当時から目をかけていたファンは多かったようです。

又吉直樹さん自身にも言えることですが、
又吉直樹さんの書く文章には中毒性があります。

ハマる人はとことんハマる。
それが又吉直樹さんという人なのです。

そんな又吉直樹さんファンが綴るブログもまた
物静かで文学的というところが面白い。

又吉直樹さんのコラムもとても良いですが、
ブログ『猿』ならではの自由な文章がとても懐かしいです。

彼らは、幻のブログ『猿』を
もう一度読み返したくてしょうがないのです。



又吉直樹はブログ『猿』後、twitterに!


又吉直樹さんのブログ『猿』は
もう読めなくなってしまいました。

今はtwitterに登場しています。

twitterでも相変わらずの又吉直樹節です。

文学を愛する青年が笑いの要素を織り交ぜて綴る日常。
そんな感じです。

twitterの140文字という中で
又吉直樹さんが魅せてくれるそれが
クスリと笑えて面白いですよ。